女性との接し方を工夫する

女性との接し方を工夫する

レディーファーストができる

モテる男になりたかったら、レディファーストを心得ておく必要があります。さりげなくレディファーストができるようになりましょう。余談ですが、日本人女性が外国人男性を好きになるのは、レディファーストを心得ているからです。外国人の筋肉質な体が好きな女性もいますが、それはあくまで一部です。どんな女性でも、自分...

≫続きを読む

 

自慢話をしない

女性の前で、良いところを見せようと思って、ついついしてしまうのが自慢話です。しかし、女性からすれば、自慢話ほど不愉快になるものはありません。例え一流企業の社員、役職者、一流大学の学生、スポーツで輝かしい実績を残した経験があるとしても、自分からこれらの話をしてはいけません。女性から聞かれてもいないのに...

≫続きを読む

 

決断力がある

モテる男になるためには、決断力が必要です。ほとんどの女性は、優柔不断です。何を食べるか?何を買うか?なかなか決められないのです・・・だからこそ、男性に決めてもらいたいという願望があります。食事をする場所や買い物をする場所など、ビシッと決めてあげて下さい。女性とご飯を食べ行くことになったものの、お店を...

≫続きを読む

 

聞き上手である

基本的に女性は話好きです。朝までファミレスで話をしていても飽きないくらい、女性は話し好きなのです。女性が話し好きなのは、ストレスが関係していると言われています。女性同士の方が、男性同士よりも人間関係が複雑なのも事実であり、女性の方がストレスを溜めやすい傾向にあります。女性は話をすることで、ストレスを...

≫続きを読む

 

余裕がある

仕事にも恋愛にも余裕が感じられる男性は、女性からモテます。仮に余裕がなかったとしても、女性の前では余裕があるように見せないと、足元を見られてしまいます。特に恋愛に余裕のある男性は、女性からの支持が高いです。よくあるケースですが、好きな女性や彼女が元彼の話をしただけで、うろたえているよな男性はモテませ...

≫続きを読む

 

女性の名前の呼び方を工夫する

名前の呼び方1つで、女性との距離が近くもなれば遠くもなります。例えば、女性とのデート中にずっと『さん』付けで名前を呼んでいるようでは、一向に男女の距離は縮まりません。親しい同性の友達の名前を呼ぶ時には、『さん』は付けないのと同じで、意中の女性と早く親しくなりたかったら、名前の呼び方を工夫する必要があ...

≫続きを読む

 

モテる男は愚痴を言わない

モテる男になりたかったら、女性の前で愚痴を言ってはいけません。例えば、仕事や学校に対して不満や友人の文句などを言ってしまうと、自分に余裕のない人だと思われてしまいます。もちろん、まったく愚痴を言ってはいけないというわけではありません。人間生きていれば、常に不平不満を持つことになりますし、たまには口か...

≫続きを読む